/

lyrics

なんとなく冷蔵庫を開けて
大したもんがないのを確かめ 閉める
その繰り返し


カレンダーの丸印は 途中で止まったまんまだよ
君が 別れを告げた日だ

君は僕の光 消えはしない灯火
遥か遠い宇宙(そら)を照らし続ける恒星(ほし)
今は心も身体(からだ)も 闇に包まれて

さよなら 愛しい人よ
今でも 憶えている
君をそっと 抱いた夜のぬくもり
激しく 胸を締めつける


全国平均ちょい上の 一般男性(おとこ)を演じてた点ではね
もう 最低なやつだよ

それでも君はブレず 僕を愛してくれた
紛れもない真実に ずっと気付けずに
もう一度 触れたい 胸の深い場所で

可能なら 「また逢えると」
嘘でも 断言したい
せめて僕と 出逢えた日のことを
時々 想い出すくらいでいいから…

さよなら 愛しい人よ
笑顔に満ちた日々よ
今ならば 云えるような言葉が
溢れて 頬を伝っていく

credits

from プレイEP​(​in BandCamp), released October 3, 2014

tags

license

all rights reserved

about

EachRaw Kyoto Prefecture, Japan

contact / help

Contact EachRaw

Streaming and
Download help